色鮮やかで栄養豊富! ビーツの収穫のお手伝い

色鮮やかで栄養豊富! ビーツの収穫のお手伝い

岡忠農園さんが栽培しているビーツの収穫のお手伝いに行ってきました。昨年体験したビーツの播種(種まき)以来なので、実に1年スキップしてしまいました。

土の浅い部分に実がなっているので、茎を持ってひっぱると、以外と簡単に抜けます。これは大きいですね〜

畑には背丈のある雑草もわさわさと生えていたため、草をかき分け、なぎ倒し、足で踏みつけながらビーツを探して抜くという、まるで宝探しでもしているかのような作業でした。

お宝のビーツの茎は赤いので探しやすかったです。草と同じ緑色だったら、みんなかなりのストレスを感じたでしょう…。

収穫したビーツは、茎を根元からひねって取り去り、選別して青いコンテナに詰めていきます。

草の上に座ってひたすら作業。梅雨の晴れ間。時折り吹く風が気持ちよかったです。

ときめくピンク色。ビーツのポタージュ

一部が割れてしまったりといったB品のビーツをいただきました。包丁で2つに切ると、手が赤く染まるほどの赤!

ビーツにはさまざまな栄養素が含まれていて「飲む輸血」「畑の血液」「奇跡の野菜」などとも言われています。

細かく刻み、玉ねぎと一緒に炒めてから煮込み、牛乳を加えてポタージュにしました。このピンク色が見たかったのです!

土臭い味がするというビーツ。私はこの土臭さが意外と好きなのですが、岡忠農園の早苗さんは苦手らしい。「ローリエとクローブを入れると、ビーツの臭みが消えるよ」と、教えてもらいました。

関連記事

農作業体験記:最初は播種のお手伝い。便利な農作業ツールに感心!
「農作業体験記」は、東京生まれ東京育ち。農業についてほとんど何も知らない地域おこし協力隊Rが、飯山の農家さんにおじゃまして、気づいたことをお伝えしていく連載です…
eatiiyama.satonomegumi.net